舞舞堂 〜maimai-do〜

バレエ舞台鑑賞録を中心に、好きなことを語る名古屋発のブログです。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< INDEXページの変更 | main | indexぺーじその2 >>

Kバレエ 名古屋公演

新しくなったトップにイルが載っていてちと恥ずかしい(笑)。

えー、Kバレエ観てきました。
「二羽の鳩」はわたしは全くの初見であります。
都さんはやはり素晴らしかった。アシュトン(そんなにみているわけではないが)の独特なスタイルを完璧に、軽やかに踊って見事です。
あー、しかし都さんのダンスと演技を堪能するには、やはりこの作品は小品なのであります。
可愛らしくていいけれど、もうちょっと深みや重みのある作品がみたい〜。(熊川版「白鳥の湖」のオデット激希望)
パートナーの輪島さんは、とりあえず破綻なく踊っていました。注文をつけるとしたらたくさんあることはあるけれど。悪くはなかったです。

「三人姉妹」はですね、観るたびに、ほんとに良く出来たバレエだな、さすがマクミランだな、と感心します。
音楽もきれいだし、パドドウの振付も美しい。心理バレエ(そんな言葉あるんかいな)としても見応えがあるしね。

熊川さんのテクニックのすごさはそのまま、マーシャを想う出口のない熱情へと直結していくので、マーシャとのパドドウにちゃんと説得力が出てくる。そのへんは素晴らしいと思いました。
しかし、いかんせん色気が足りないのよね〜。
人妻との恋愛という道ならぬ境遇にある身なのに。もうちょっとこう刹那の色気が醸し出されると、もっともっとマーシャとのパドドウがすごいものになりそうなんだけど。
とまあこれは単にわたしの好みってことですね。

キャシディのクールギン(と表記されてます)は、ダウエルのを観てしまった身としては、味わいが足りないですが、でも頑張っていたと思います。

デュランテのマーシャもよかったです。荒井さんのイリーナも。

比較的地味な演目にもかかわらず、Kバレエはほんとよくお客さんが入ってますね。他のバレエ団の公演より、少しではあるけれども確実に男性客が多いのも特徴かしらね。
カオル呟き | permalink | comments(4) | trackbacks(1) | pookmark |

この記事に対するコメント

こんにちは。TBさせて頂きました。
名古屋の都さんの「二羽の鳩」素晴らしかったようですね。
私は以前、小林紀子バレエ団の客演で見たことがあります。
とても可愛らしい作品で出来も良かったですが、カオルさんのおっしゃるように、早くもっと見応えのある大作を拝見したいですね。

>いかんせん色気が足りないのよね〜。
そうですね…イレクのようなプレーボーイ風とまではいかなくてももう少し色気は欲しいところですね(^^)
割り切った関係…といわんばかりにあっさりした印象を受けました。私が見たのは初日だったせいもあるかもしれませんが。今後に期待したいところです。

初めてお邪魔したのに長々と失礼いたしました。
また、遊びに来させて頂きます。
放蕩主婦 | 2006/11/07 6:45 PM
こんにちは。私も見てきました。
アシュトンとマクミランが続けて見られる機会はそうないので、そういう意味でもとっても良かったです。

都さんはジュリエットとかも見てみたい気もしますが、私はこういうのが好きです。都さんのアシュトンをずっと見たかったので、とっても満足でした。
輪島さん、まだ発展途上な気もしますが、初々しくて好感持てました。

私の周りでは、「二羽の鳩」は楽しんでましたが、「三人姉妹」は睡魔が充満していた雰囲気。
ちょっと日本人には似合わないかな、というところも最初はありましたが、だんだん慣れてきました。
マーシャのヴィヴィは、なにしろギエムの印象があるのでちょっと分が悪いところもありますが、なかなか美しかったです。
熊川さんは、こういう役が合うとは思えませんが、こういうのもやりたいのでしょうね。色気は、熊川さんには難しそうですね。ご本人にとっても挑戦だったと思います。
この二人のパートナーシップはやっぱり良いです。

キャシディのクールギンは、個人的にとても気に入りました。決してかっこいい役ではないのですが、キャシディをちょっとかっこいいと思ったのは初めてです。

ピアノのギャモンさんがまた来てくれて感激しました。演奏者が出演者と同じ衣装というのは、やはりいいですね。

全体的に、暗転が多いのがちょっと。演劇やっていたことがあると、そういうことはどうしても気になってしまいます。

「二羽の鳩」のような分かりやすい楽しさではないので一般受けしにくいかもしれませんが、こちらはこちらでしみじみとした余韻、美しさがありますね。

この2巨匠はほんとに偉大ですね。たまにどちらが才能があったかとかいう話を聞きますが(大体マクミランの方が才能があったということになることが多いみたいですが)、そんなことは愚問であると思います。牧のリーズの結婚を見たときも思いましたが、深みには欠けるにしても、アシュトンのバレエは人を幸福にさせると思います。良い公演でした。
ゆき | 2006/11/07 7:25 PM
>放蕩主婦さん

いらっしゃいませ。コメント&トラックバックありがとうございました。ブログも拝見いたしました。
「二羽の鳩」の都さんは本当に可愛らしく、軽やかで品があって素晴らしかったです。いつまでもみていたいと思うダンスです。
「三人姉妹」、わたしはロイヤルのビデオを見ていないのですが、このバレエは何故か観る度に好きになります。ヴィヴィ&熊川ペアも文句は言っておりますが、良い舞台だったなあと思っています。
何よりこの二演目をもってくるチャレンジ精神が素晴らしいです。

>ゆきさん

「三人姉妹」はそうですね、登場人物の関係を把握していないと楽しめないバレエでしょうね。
でもそれさえわかれば、俄然面白くなって舞台にひきこまれるのではないかなと思います。

アシュトンとマクミランを比べることにわたしも意味があるとは思えないです。
二人、全く違う方向性を持った振付家ですもんね。
深みがないと言ってしまったのはちょっと言いすぎだったかもしれません。「二羽の鳩」は可愛らしくもしみじみと味わいのあるバレエでした。その味わいを感じさせたのはもちろん都さん(だけではないですが、負うところは大きいと思います)の力量でしょう。

うん、たぶんわたしは、純粋なクラシック・バレエを踊る都さんが観たい、と思ったんですよね。
早くそんな日がくるといいな〜と願っています。
カオル | 2006/11/09 10:34 PM
Kバレエサイトによると、2月のKバレエ「白鳥の湖」に都さん登場!
でもKバレエでは、オデットとオディールは別の人が踊るんですよね。私は都さんだったらオデットが見たいですが、芳賀さんのジークフリートが見たいので、日程的に都さんがオディールの日になります。(オデットは松岡さん)
まだ行けるかどうか分からないですけどね。

正直いってKバレエの「白鳥の湖」はあんまり好きではないのですが、このキャストなら観たいです。熊川さんが出演されない日はいつもチケットが安めなのですが、この場合はどうなんでしょうね。

以前もう白鳥の湖は封印とおっしゃってましたが、出演されることになって嬉しいです。一度にオデットかオディールどちらかなら、負担も少ないでしょうしね。

それにしても、熊川さんは都さんと踊らないのかしら

この公演は東京だけかもしれませんが、全国公演が多いのは、地方の者にとってKバレエ一番の美点ですね。おかげでこんな素敵な都さんが地元で観られましたし。
次に良いのは生演奏であること、衣装や装置が高水準であることかな。悪い点はなんといっても高いことですが。チケットだけでなく、色々なものが。

次の新作全幕ものは「海賊」だそうですね。都さんのメドーラは観てみたい気もしますが、ちょっと微妙かな・・。

純粋なクラシック・バレエを踊る都さん、地元で実現するといいですよね。私はやっぱりジュリエットが観たいかな。ジゼルもいいな。

ロイヤルの「三人姉妹」の映像はなかなかお勧めですよ。芸文センターのビデオライブラリーにもあります。
生舞台ではなく、ちょっと映画っぽい作りになってますが。
バッセルのマーシャが素敵で、ヴィヴィのイリーナが可愛いです。

放蕩主婦さん、プログ拝見しました。怪我で心配していた芳賀さんと康村さんが無事に踊られたということで、安心しました。

ところで、ルジマトフは大阪の「海賊」につづき、神戸の「白鳥の湖」にもご出演だそうですね。
「DMをご覧の皆様に特別にお知らせ」って、もう発売中みたいなのに・・。
私は今回の冬もちょっと行けないのですが、(特にシェスタコワのジゼルがとっても観たかったのですが)いつになく大変にハードですね。また途中で壊れなければいいのですが。
ゆき | 2006/11/10 8:30 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
Kバレエカンパニーの冬公演 (前半) の『三人姉妹』『二羽の鳩』を観てきました♪ 友人が浜松に嫁いでいたので…友人を訪ねがてら遠征しちゃいました。 2作品とも上品な仕上がりで大変素晴らしい舞台に感動して…うなぎも食べて帰ってきました(^_^)v
熊川哲也Kバレエ『三人姉妹』『二羽の鳩』♪ | 勝手にチェック! | 2006/11/07 6:37 PM
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
MOBILE
qrcode