舞舞堂 〜maimai-do〜

バレエ舞台鑑賞録を中心に、好きなことを語る名古屋発のブログです。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< グラン・ドリーム・バレエ・フェスの詳細情報 | main | <ベジャール・ガラ>名古屋公演 キャスト等 >>

レニングラード国立名古屋公演「ジゼル」のキャスト等

えー、昨日のミハイロフスキー・ガラ公演の興奮もさめやらぬ私ではありますが(笑)、今日は地元の「ジゼル」を観てきました。

本日のキャスト

ジゼル:イリーナ・ペレン
アルベルト:アンドレイ・ヤフニューク
ミルタ:イリーナ・コシェレワ
森番ハンス:ウラジーミル・ツァル
ぺザント・パ・ド・ドゥ:アンナ・クリギナ マクシム・エレメーエフ
ベルタ(ジゼルの母):アンナ・ノヴォショーロワ
バチルド(アルベルトの婚約者):エレーナ・モストヴァヤ
公爵:アンドレイ・ブレグバーゼ
アルベルトの従者:アレクサンドル・オマール
ドゥ・ウィリ:ユリア・カミロワ マリア・グルホワ

指揮:カレン・ドゥルガリヤン
管弦楽:レニングラード国立歌劇場管弦楽団

良い舞台だったと思います。ペレンは昨日のガラで3演目も踊ったのに、疲れの片鱗も見せず、とてもよかったです。
実はほとんど期待していなかったんですよね、ペレンのジゼル。(すみません)
だけれども1幕の村娘演技も自然だったし、狂乱シーンもなかなか説得力がありました。お化粧が相変わらず問題ありだけれど(村娘なのに、青いシャドーべったりと赤い口紅はやめて欲しいなあ)、美人なので狂乱の表情に迫力があったな。哀れという感じは少ないけれど、あんなにきれいなのに狂っていく悲愴さは印象的。ペレンのジゼルだわ、と思いました。
ペレンらしいジゼルが踊れているという時点でかなり私的に高得点です。

ヤフニュークは昨日のガラで初めて観ましたが、腕の使い方や何気ない仕草がきれいなダンサーですね。正統派なアルベルトをきちんと踊っていました。

コシェレワのミルタはよかったです〜。職人芸って感じになってきましたね。

ハンスのツァルは基本背が高くてイイ男なので、もっさり感がなく、ハンスでもいいじゃーん、どこがダメなの?な気分になっちゃいました(笑)。
ダンスも上手いしね。まあ、ヤフニュークがちゃんと王子さま顔なので対抗はできているかな。

あと色々言われているコール・ドですが、思ったよりは悪くなかったかと。
音楽が今日も昨日に引き続き間延びぎみだったので、コール・ドも損をしているような気がします。特に2幕ね。
音楽にメリハリがあるとウィリの怖さももっと引き立つんだけどなあ。
うーん。

ラスト、お墓に戻る前のジゼルをアルベルトが抱き上げて歩くシーンがなくなっていたのが寂しいです。好きなのに。
名残を惜しまず結構あっさりお墓に帰っていったのは新演出のせいなのか、二人の演技なのか。

まあ、今まで名残を惜しみすぎる人(笑)を観続けたのでそれが自分デフォになっちゃってるわけなんですが、ああいうあっさりもありなのかな。

ペレンもヤフニュークもそれぞれよかったですが、二人の世界となると、ううむ、難しいですね。

まあ、そんなこと考えてみる方が悪いのかもしれませんけどね。素直に観とけと言われればそうなんだけれども。
世界を作る人を見続けたせいで弊害が色々あるなあ・・・。

とまあこんな感想ですみませんです。ジゼルをマールイでルジマトフ以外でみるのは、夏に全幕があった時のイレール以来かもしれません。

それから今日、2月8日にある「オクサーナ・シェスタコワと仲間たち」公演のチラシを配っていました。
シェスタコワ、キトリのポーズで美しいです。
カオル呟き | permalink | - | - | pookmark |
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
MOBILE
qrcode