舞舞堂 〜maimai-do〜

バレエ舞台鑑賞録を中心に、好きなことを語る名古屋発のブログです。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

「ル・パルク」 6/13 マリインスキー劇場 感想

ロシア旅行からもう1ヵ月たってしまったのね。
月日の流れは速いです。

それでは「ル・パルク」です。
Mariinsky Theatre
13 June
19:00
2012 | Wednesday

Yekaterina Kondaurova in the ballet
Le Parc
ballet in three acts
Conductor
Mikhail Sinkevich
Cast
Yekaterina Kondaurova, Konstantin Zverev
Piano: Lyudmila Sveshnikova

Music by Wolfgang Amadeus Mozart
Choreography by Angelin Preljocaj
Sound creation by Goran Vejvoda
Assistant Choreographer: Noémie Perlov
Set Designer: Thierry Leproust
Costume Designer: Hervé Pierre
Lighting Designer: Jacques Chatelet

以上はマリインスキーのサイトからのコピペです。

プログラムというかキャスト表を買ったので(ペラペラキャスト表で30ルーブルって・・・)各章の詳しいキャストもわかるといえばわかるのですが、時間ができたらまたそれはあげてみます。申し訳ない。

主役はエカテリーナ・コンダウローワとコンスタンチン・ズヴェレフです。
コンダウローワはプリンシパルですがズヴェレフはマリインスキー英語サイトによるとセカンド・ソリストかな。
来日公演でも踊るのかなと思ってジャパン・アーツのサイトにいったら、オールスター・ガラの日にヴィシニョーワとやはり「ル・パルク」を踊るようです。
しかしヴィシちゃん、世界バレエフェスでも「ル・パルク」でマリインスキーの公演でも「ル・パルク」とはな。よほど好きなのか。

ということでざくっとした感想ですが、観る前はパリ・オペ以外の「ル・パルク」ってどうなのよ?とちょっと心配しておりましたが、これは間違いだった。最近のマリインスキーの若いダンサーはちゃんとコンテンポラリーも踊れるようになってきてますね。
というかこのプレルジョカージュの振付はワガノワメソッドの彼女達にも合うんだなちゃんと。
フォーサイスは合わないぞ〜感がつきまとってましたが、プレルジョカージュの振付言語は合うね。どこがどうして合うのかといわれると難しいけれども。

コンダウローワは大変な美人さんなので、それだけで、この演目の70%ぐらいは勝利してるといいましょうか。もちろんダンスもとてもよかった。
ズヴェレフもしっかりと踊れていて感心しました。彼もなかなかの男前で(さすがにイレールほどではないが)貴族らしい傲慢さなんかも出ていてよかったわ。
二人とも長身で美形なので舞台栄えがすごい。眼福だったと申せましょう。
はっきりいって地元で生舞台を観たパリ・オペのプジョル&ルグリ組より断然よかったです。
と言い切ったらパリオペファンに失礼かもしれないけれども、私好みだったということです。

コンダウローワは素直に役柄になるタイプのバレリーナだと思いました。ケレンがないがそこがまたいいんだよね。見た目大変きれいなバレリーナなので、素直なことがかえっていじらしいというか、けなげに映るというか。

「ル・パルク」はどんな風にもやりようがあるかと思いますが、あえて素直に恋に落ちていく女を演じててよかったです。ズヴェレフくんもサポートなんかもしっかりしていて、良いダンサーだわと思いました。

イレールとゲランの「ル・パルク」だーい好きな私ですが、この二人のペアも息があっていてとてもよかったです。また機会があったら観てみたいですね。
カオル呟き | permalink | - | - | pookmark |

ファルフ・ルジマトフ・ガラ ミハイロフスキー劇場の感想

偏った感想になると思います。よろしくお願いします。

2012.6.12 19:30開演 ミハイロフスキー劇場

プロローグ

「ムーブメント」
音楽: ヴィヴァルディ
振付: ニコライ・アンドロソフ
 dancers of the Russian Seasons Ballet

すでにして記憶がない・・・。
ヴィヴァルディは「四季」だった気がしますが、それもあまりさだかでは・・・。
いわゆるモダンダンスの衣装だったと思う。すそ長めのやつですね。
振付もよくあるモダンダンス的振付。印象は薄いです。

Act I

「白鳥の湖」より黒鳥のパ・ド・ドウ
音楽: チャイコフスキー
振付: ユーリー・グリゴロヴィッチ
 マリア・アラシュ(ボリショイ・バレエ)&イーゴリ・コルプ(マリインスキー・バレエ)

多分即席ペア。そしてコルプはなれないグリゴロ版。ということで二人ともあまり良いパフォーマンスだったとは言えない。残念だなあ。コルプだったらやっぱりマリインスキーのダンサーとクラシックが観たかったよ。
でもまあ、それでもコルプくんがルジガラに参加してくれたのは嬉しいです。

音楽はテープなので、それも踊りに影響していたのかもしれませんが、コルプのクラシックラインのキレがいまいち(どころかいまさんぐらい)だったのが惜しまれる。
来日公演ではしっかりと美しい王子様をみせてほしいものです。
それにしても相変わらず、髪型が王子?って髪型だったな。コルプの個性だから許すけども。


「タンゴ・イン・ザ・ナイト」
音楽: ピアソラ
振付: ニコライ・アンドロソフ
ファルフ・ルジマトフ, Alexandra Voronina, Gleb Filtsov, Alexey Kharitonov, Ekaterina Kryuchkova, Denis Ludvichenko, Yulia Perepelitsa, Alexey Severtsev, Yulia Shoshina

ピアソラのタンゴがルジさんに合わないわけがない!というわけでルジさんはかっこよかったです。
ルジさんが出るまではロシアシーズンバレエのみなさんがペアになって踊りました。
ありがちな一人の女が何故か追い詰められるようなシチュエーションになり、どうやってそこにルジさんが登場したのかは、あまり思い出せませんが、ルジさんは完全にソロダンスでした。
タンゴを踊る時はかかとの高い靴を履くので、それがまた長い足をさらに長くみせていて最高かっこいいんだよね〜。

ルジさんが出るまでのシチュエーションは以前にどこかで同じようなものをみたことがあるぞ、と思って記憶をたどったらタランダのバレエ団が同じようにタンゴでそんな場面を踊っていたのを思い出した。
うーん、なんだかなあ。もっとこう、そこまで俗っぽくしなくていいと思うぞ。ピアソラのタンゴなんだから普通にスタイリッシュに決めるとかしてみてほしいものです。
あ、ルジさんは十分スタイリッシュでした。


「赤いけしの花」から苦力(クーリー)の踊り
原題 「Coolies’ Dance from The Red Poppy」
音楽: レインゴリト・グリエール
振付: ニコライ・アンドロソフ
  Konstantin Marikin and dancers of the Russian Seasons Ballet

クーリーの踊りってのは帰国して検索してからやっとわかったことでして、観てる時はなにやらさっぱりわからなかった。なのでやはり最早記憶がない。アンドロソフの振付はそれほど面白いかというと残念ながらそうじゃないんですね。


「Beginning」
音楽: エリック・サティ (グノシエンヌ 1)
振付: Vladimir Varnava
 イーゴリ・コルプ

プログラム発表の最初の頃はパクリタルの「白鳥」となっていて、あの白鳥がまた観られるんだ〜楽しみだ〜と思っていたのですが、いつの頃からかこの演目に変わっていた。
こういう作品はこんな機会でもないと発表できないよね。コルプらしくてよかったと思います。小道具を使ってました。あれは何だったのかな?口にくわえたりしてた。


「春の祭典」から断片
原題「Fragment from The Rite of Spring」
音楽: ストラヴィンスキー
振付: ニコライ・アンドロソフ
 ファルフ・ルジマトフ and dancers of the Russian Seasons Ballet

そしてまたアンドロソフ・・・。もう傾向はわかっていたのでそれほど期待はしなかったけど。それにしても、春の祭典という超名曲を使ってこの程度の舞台作品というのはちょっと悲しいものがある。
ルジさんが袖から担がれて登場、そのあとは衣装が剥ぎ取られてパンツ一枚で踊るわけですが、ルジさんの肉体を堪能するには良い演目かと思うけれど、振付に面白みがないので、うぬぬ〜となってしまう。まあ、レアなものが観られてよかったねって感じ?でも春の祭典という曲とルジマトフという超絶素材が上手く料理しきれてないというか、もっとすごいものになってほしいよ〜〜というのがファンの期待というものです。



「ドン・キホーテ」よりパ・ド・ドウ
音楽: ミンクス
振付:ゴルスキー
 エカテリーナ・ハニュコワ&ヴィクトル・イシュク(キエフ・バレエ)

ぎりぎりになってやっとキャストが発表されていましたね。イシュクくんをみるのも久し振りだな〜って感じでした。
そんなに悪くもないがすごく良いってほどもないパフォーマンスでした。ガラ公演のドン・キなのでほんとはガッツリ盛り上がって欲しいところでしたが、ハニュコワではいまいち弱い感じです。イシュクくんもね。


Act II

「ボレロ」

音楽: Bolero by Maurice Ravel, Armenian songs by Komitas, ancient Berber songs
Idea: Pascal Martineau (Divine concerts, France)
振付: ニコライ・アンドロソフ

キャスト:
Takhar ― ファルフ・ルジマトフ
Goddess of Love and Life ― マリア・アラシュ
Michel, a French soldier ― Piere Allen Perez (France)
Vocal ― Azal Belcadi (France)
Dancers of the Russian Seasons Ballet

えっとストーリーはフランスのアルジェリア戦争が題材のようです。ざっとウィキで勉強してみましたが、アルジェリアがフランスの植民地支配から独立をする戦争。
ルジはアルジェリアの部族の戦士でフランスの戦士と敵対のち和解、そして死んでゆくという役どころ(多分)。
まあ物語りは、日本から行った私にはどうでもいいっちゃなんだけれども、ルジさんがボレロで踊るというところが肝心なので。そこのところは素晴らしかったです。
アラシュは直訳で「愛と生命の女神」って役なんだろうけれども、いまいちその意図するところが伝わらなかったなあ。彼女のおかげで和解にいたったのかな。多分そうかな(すみません)。アラシュ一人だけポアントをはいていて、こういう場合どうなんでしょうね、役と踊りにいまいち合わないというか、ううむ。
アラシュも相変わらず感情表現があまり上手いようにはみえないので、女神なら女神らしい包容力とか神々しさとかそういうもんが欲しい気もするけれど、振付がやっぱりいまいちなのでそれは高望みというものか。
舞台セットというか、映像が舞台奥に流れるのだけども、どうもこれがまたチープ&センスなし、なんだよねえ。でもって意味不明だし。砂漠なら砂漠だけでもいいのに。その方がかっこいいと思うのだが、なんかそこにコラージュだかアレンジだかがしてあってイマイチ感が抜けきらない。

だけれどもボレロの音楽で踊るルジさんは素晴らしかったです。もうそれだけで満足。なのでぶっちゃけ、日本で踊られたバージョンのがいいなあ、なんてルジファンな私は思っちゃうわけだ。

一夜限りのルジガラなので終演後はアンコールが何度も続き、客席はとても盛り上がっていました。地元のルジファンも嬉しそうなので、私も嬉しい。

何度もアンコールが続き花束を渡し終わってあと何度か拍手に応えてカーテンコールも何度もあったのだけれど、そのうちルジさんだけ出てこなくなってどうしたのかなと思ったら、(お客さんも微妙に帰っていった感じ)いきなりルジさんの声でアナウンスがありました。
ロシア語なのでもちろん全然わからなかったんだけど、「ニキータ・ドルグーシン」と発せられた言葉だけは聞き取れました。なのでこれはやはりドルグーシン先生への追悼の言葉なのかな、と思っていたら、幕が開いて、暗い舞台の中に椅子がセットされて、このあたりで私達は「もしかして・・・!」となったのでした。
この「アダージェット」に関しては下に書いてますし、それ以上語る言葉もないのですが、文字通り震える感動体験でありました。

カオル呟き | permalink | - | - | pookmark |

ファルフ・ルジマトフ・ガラ ミハイロフスキー劇場

2012.6.12 19:30開演 ミハイロフスキー劇場

プロローグ

「ムーブメント」
音楽: ヴィヴァルディ
振付: ニコライ・アンドロソフ
 ロシアン・シーズン・バレエ団(でいいのかなあ) 
 dancers of the Russian Seasons Balletです


Act I

「白鳥の湖」より黒鳥のパ・ド・ドウ
音楽: チャイコフスキー
振付: ユーリー・グリゴロヴィッチ
 マリア・アラシュ(ボリショイ・バレエ)&イーゴリ・コルプ(マリインスキー・バレエ)


「タンゴ・イン・ザ・ナイト」(プルミエ)
“A suite on the basis of Argentinean tango”という一文が添えられています。
音楽: ピアソラ
振付: ニコライ・アンドロソフ
ファルフ・ルジマトフ, Alexandra Voronina, Gleb Filtsov, Alexey Kharitonov, Ekaterina Kryuchkova, Denis Ludvichenko, Yulia Perepelitsa, Alexey Severtsev, Yulia Shoshina


「赤いけしの花」から苦力(クーリー)の踊り(多分)
原題 「Coolies’ Dance from The Red Poppy」
音楽: レインゴリト・グリエール
振付: ニコライ・アンドロソフ
  Konstantin Marikin and dancers of the Russian Seasons Ballet


「Beginning」
音楽: エリック・サティ (グノシエンヌ 1)
振付: Vladimir Varnava
 イーゴリ・コルプ


「春の祭典」から断片
原題「Fragment from The Rite of Spring」
音楽: ストラヴィンスキー
振付: ニコライ・アンドロソフ
 ファルフ・ルジマトフ and dancers of the Russian Seasons Ballet


「ドン・キホーテ」よりパ・ド・ドウ
音楽: ミンクス
振付:ゴルスキー
 エカテリーナ・ハニュコワ&ヴィクトル・イシュク(キエフ・バレエ)


Act II

「Bolero, or Takhar and Free People」
原題のままですみません。うーん、勉強不足。

音楽: Bolero by Maurice Ravel, Armenian songs by Komitas, ancient Berber songs
Idea: Pascal Martineau (Divine concerts, France)
振付: ニコライ・アンドロソフ
Costume Design: Marianna Sycheva
Première of the ballet: 28 March 2011 in Annecy, France

キャスト:
Takhar ― ファルフ・ルジマトフ
Goddess of Love and Life ― マリア・アラシュ
Michel, a French soldier ― Piere Allen Perez (France)
Vocal ― Azal Belcadi (France)
Dancers of the Russian Seasons Ballet


アンコール
「アダージェット」
音楽:マーラー
振付:ベジャール
 ファルフ・ルジマトフ


えー、ミハイロフスキー劇場のサイトからいただいてきたままのところが多々あるのをお許しください。
これ書いた(写した?)だけで疲れちゃったよ(ダメダメだ)
内容についてはまた今度にいたします・・・。
カオル呟き | permalink | - | - | pookmark |

サンクトペテルブルクでルジマトフ・ガラを観てきました

全然更新せずいきなりなタイトルで申し訳ないです。
っていつも謝ってばかりです。

あ、マリインスキーの名古屋公演のキャストはヴィシニョーワ&コルプになってましたね。今回ヴィシちゃんは白鳥を踊らないのかと思っていたら名古屋で踊るとわ。

ではタイトルのこと。

6/12にミハイロフスキー劇場でルジガラが上演される、というのを公式サイトでみて日本では当分ルジさんの舞台の予定はないしなあ、いいなあと思っていました。
いつも来日してくれていたからこちらから行くという発想がなかったんだけれど、来日がないとなると、行くしかないになるわけですね。

死ぬまでに一度は行きたかったロシア。本当は10年ぐらい前に一度パック旅行で行こうとしていたんだけど、人数が集まらなくて旅行が成立せずいけなかったことがありました。今なら多分集まるんだろうけどね(笑)。この時、同じ年に行ったのがパリ旅行で、ここのトップから旅行記も読めたりするのですが、ロシアから帰ってきて読み返してみましたよ。久々に。なんか相変わらずではあった。当たり前か同じ人間だもんな。でも記録がしてあるということはなかなか良いことだよなあと単純に思いました。自分のを読んでてそんなこともあったなあ、なんてちょっとなつかしくなったからね。ってしかし自分だけ楽しんでいて申し訳ないですが、まあ、旅行記ってそういうものかも、と思いつつ今回の旅行も自分が後々楽しむために記録していきたいと思います。

10年前に行こうとしたのに何故もっと早くいかなかったのか、ってのはルジさんがちゃんと来てくれていたというのが大きいですね。10年前はマリインスキーフェスティバルに行ってみたかったってのがあったのですが、それはルジさんは出ないでもいいや、と思ってて単に一度行ってみたかったからだったので、その後すぐにロシアに行くにはなりませんでした。
なんにしろロシアは行き難い国というイメージはあります。今でもビザがいる関係上決して行きやすい国ではないですね。そりゃもうパリの方がずっとずっと行きやすい。でも一度は行きたい国、行かなきゃいけない国ってのはずーーーっとあってそれが今回、こういう機会で実現できたのは本当によかったです。
私のことなのでルジガラがロシアで上演される、ってことがない限りまだ当分行ってないと思うので。

本当はもちろんマリインスキーで踊るルジさんを観たかったってのはありますが、かなわなくなってしまっていたので、それはもうあきらめていたのですが、ルジさんの地元サンクトペテルブルクでルジマトフと名前のつく公演を観られたことは本当によかったです。ルジさんの育った土地で地元ファンの中に混じってルジマトフの舞台を観るという経験はもう多分それほどできることではないと思います。
得がたい経験でした。

ドルグーシンさんが公演の2日前に亡くなってしまっていた、というのも日本から行ったわたし達にとっては何か大きな運命(というのは大げさかもしれませんが)が巡ったような気がします。
ルジマトフ本人にとっては多分ものすごくつらい出来事だったと思います。でも彼はダンサーなので、ダンサー以外の何者でもないので、いつもと同様踊ることで全てを表現しました。
その稀有なダンスが踊られた瞬間、その空間に自分もいられたということ、その偶然をバレエの神様に感謝したいです。どれほど感謝してもしたりないぐらいです。
ドルグーシンさんに捧げられたダンスに限っていえば、本当にもう2度と観ることができないルジマトフのダンスです。
バレエはもちろん瞬間芸術なので1回1回の舞台が2度とない舞台ということではあるのですが、6/12にルジマトフが踊った「アダージェット」は私にとっては真の意味で2度とない舞台となりました。本当に観に来てよかった、ここにこの場所に自分がいてよかったと何度も思いました。
あの舞台を思い返すと今でも涙が滲むし、鳥肌が立ちます。

こんなのみたらもう今死んでも後悔しないよな〜なんて思ったり。

「アダージェット」に関してはもうこんなことしか書けませんが、その後のマリインスキーの舞台やハビちゃんのラシルはきらく〜に楽しんだのでまたおいおい書いていきたいです。

あ、一言、今回何気にコンダウローワ祭でした。「ル・パルク」すごくよかったです。
カオル呟き | permalink | - | - | pookmark |

マリインスキー・バレエ 名古屋公演

中京テレビ事業からDMがきました。

マリインスキー・バレエ 
「白鳥の湖」
11月18日(日)17時開演 
愛知県芸術劇場大ホール
S¥20000 A¥17000 B¥14000 C¥12000 D¥9000 E¥7000 学生¥3000

一般発売5月26日(土)10時 問合せ 中京テレビ事業052-957-3333

ということでやはり「白鳥」でしたか。
まあね、そうだろうとは思ってましたけどね。
例によって中京テレビ事業のクラシックフェスティバルに組み込まれていますので通し券等があります。

「バヤデルカ」と「アンナ・カレーニナ」はやっぱり観たいのでどこかには観に行くと思います。
名古屋のキャストはどうなるのかな。
前回と前々回とヴィシちゃん連続だったから、私個人としてはテリョーシキナ希望なんだけれども。
情報 | permalink | - | - | pookmark |
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
MOBILE
qrcode